toggle
2017-11-30

まるで生ビール?生マッコリとチーズダッカルビが最高に美味しい三軒茶屋「JIJIMI GO」に行ってきた

甘くてトロッとした飲み心地が特徴の韓国のお酒・マッコリ。今回はそんな生マッコリとチヂミをはじめとした美味しい韓国料理が頂ける食事会に参加してきました!

 

今回お伺いしたお店は、三軒茶屋駅から徒歩1分、大人気のパンケーキ屋さん「Voi Voi」と人気ピッツェリア「ラルテ」の間というグルメ地帯に店を構える韓国料理屋「チヂミゴー」さん。 今年オープンしたばかりで、カフェを思わすおしゃれで落ち着いた店内になっています。

 

■ワイングラスに入った生マッコリで乾杯! 

今回の食事会は韓国から取り寄せた様々な「生マッコリ」を味わいながら、お店自慢の韓国料理をいただくというもの。  

そのためいつもは生ビールのところ、生マッコリで乾杯です!    「マッコリは少し重たくて、乾杯ドリンクには向かいないかな?」なんて思っていたのですが、生マッコリは熱処理をしていないため、酵母自体が発する炭酸が感じられて、舌触りが生ビールのよう!

スッキリしていてゴクゴク飲みやすく、清涼感があるのが驚きでした! あとマッコリは成分が沈殿してしまうため、飲むたびにグラスを回して飲むほうが美味しく飲める、ということで、こちらのお店ではマッコリをワイングラスで提供。

日本酒もワイングラスで飲むのが流行っていますが、確かにマッコリもワイングラスで飲むほうが、香りも感じられて美味しかったです!

 

 

 

■韓国名産のアワビや牡蠣チヂミなど豪華なメニューがズラリ!

 

合わせる料理は、贅沢食材を使った絶品料理ばかり!

 

コリッコリのアワビには金粉までのっています…!

 

店名にもなっているチヂミはお店自慢の一品。

 

なんと生地は15%のみで、残りの75%は具材という具沢山っぷり!野菜たっぷりでヘルシーで美味しいチヂミを食べて欲しいというオーナーの思いから実現されたそうです。

こちらは今が旬の牡蠣入り!

 

食材の水分を乾燥させてから、生地と合わせることで、サクサックで、わざわざ食べに行く価値のあるチヂミでした。

 

■黒豆マッコリに栗マッコリまで変わり種も!

 

料理を食べながら、変わり種のマッコリもいただきました。こちらは黒豆マッコリ。

 

こちらは雷おこしのような香りが特徴の、おこげマッコリ。チヂミとも相性抜群でした!

ちなみに生マッコリは最近発表された研究結果で、「酵母」と「乳酸菌」の双方を含む珍しいお酒であることが判明したそう。

 

日本酒のまろやかな酸味を生む「乳酸」と、ワインのするどい酸味を生む 「クエン酸」も他のお酒より多いそうで、美容にも健康にも嬉しいお酒なんだとか。やったー!

 

■濃厚チーズがトロけるチーズダッカルビに悶絶!

 

そしてお待ちかねのチーズダッカルビ!2種のチーズに鶏肉や野菜を絡めながら頬張ると、悶絶級の美味しさ…!

 

これは脳がトロける、、、

 

最後に食べた、ハンゲタンもお酒を飲んだ後に最高の一品でした。

 

三軒茶屋で韓国料理食べたくなったら、チヂミゴーさんへゴーですね。

「JIJIMI GO(チヂミゴー)」の住所・地図・予約

 

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13205414/

住所:東京都世田谷区三軒茶屋1-35-17 ルーエプラッツ三軒茶屋 B1F

関連記事