toggle
2017-03-26

「旅、ときどき仕事vol.1 in 宮古島」に参加して感じたこと

 

私は2017年3月21日~3月25日までの5日間、元LIGで旅ライターをしている古性のっちさんが主宰する「旅、ときどき仕事vol.1 in 宮古島」に参加してきた。

『旅、ときどき仕事 その1』沖縄・宮古島で一緒に旅×仕事しませんか?(3/19~25) | 古性 のっち | note

こんにちは。「旅を仕事に」をテーマにトラベルライターをしている、のっち(@nocci_84)ともうします。先日17カ国を回りながら仕事をする「旅×仕事」から日本に帰ってきました。誰かに会うたびに「いつまで日本にいますか?」と聞かれるけれど、大丈夫だよ長期で外に出る予定はないよ(今のところね)「仕事×旅」世界中飛び回りながら仕事をすること半年前に退職をして、フリーライターとして独立したわたし。…

■「旅、ときどき仕事」に参加した経緯

 

私は今年の1月末に体調不良などを理由に会社を辞めて、2月からフリーライターとして仕事を始めた。

 

それまでも女性向けニュースメディアの編集・ライターをして、グルメウェブメディアの編集をやっていたからライターは初心者ではなかったけれども、フリーランスという働き方は初めて。だからフリーランス、特にフリーライターの人の働き方や生き方にすごく興味があった。

 

そんなとき、会社員時代からずっと好きだった真崎さんのツイッター見ていたら、ある投稿があった。

 


宮古島で旅をしながら仕事をするという企画だ。「旅をしながら仕事をしてみたい」と思っていた私にとって、ぴったりな企画だと思った。しかも、大好きな真崎さんに会える!

 

のっちさんがLIG時代に執筆されていた宮古島でのリモートワーク記事を読んだら、さらに高まった。

 

ここがリモートワークの天国なの?沖縄県宮古島(みやこじま)に行ってきた | 飽きっぽい私のとなりの事務所

のっち こんにちは。LIGライターののっち(@nocci_84)です。 突然ですが私は今、 沖縄県宮古島(みやこじま)にきています。 「名前は聞いたことがあるけど、どこにあるの?」と思う方も多いでしょう。沖縄本島から飛行機でさらに1時間弱程、地図で見ると日本よりも台湾に近い位置にある島が、宮古島です。 今回そんな宮古島に、とある会社が …


3/18~3/20まで友達と台湾旅行に行く予定があったけれども、主宰の古性のっちさんに「途中参加で参加したいです」と相談したら、大丈夫だと言ってくださった。20人以上応募があったそうなのだが、運よく抽選に選ばれ、参加することができた。

 

■今回の企画について

今回の企画概要はこちら。

行き先 ▼
沖縄県 宮古島

期間 ▼
2016.3.19~25(もっといたい方はご相談可 / 早めに帰りたい方もOK!)

募集人数 ▼
女性 -2名 / 男性 -2名

ちなみに現在決定の参加者 → フリーライターのまさきさん / アウトドアメディア.HYAKKEIの羽田さん です*

待遇 ▼
働く場所の提供&宿提供(株式会社タービン・インタラクティブ様 サテライトオフィス/シェアハウス)

参加条件 ▼
1. どこにいてもお仕事ができる方(職業問わず)
2. 旅が好きな方
3. 何かしらのSNSアカウントをお持ちの方
4. 滞在中の様子・宮古島での働き方を発信できる方(手法は自由)
5. 「働き方」についてお話しを聞いても良い方(&私のブログに掲載しても良い方)
6. 海がすきな方
7. LINEができる方(メンバー決まり次第連絡ように繋がせてください)
* 応募が多い場合は抽選

 

 

■参加メンバー

 

企画にはフリーランスをはじめとして、リモートでお仕事できる人たちが参加。

 

古性のっちさん(主宰、旅ライター)

真崎さん(フリーライター)

今井ともみさん(フリーディレクター)

てるちゃん(フリーデザイナー&スタイリスト)

ルリ子さん(新潟のフリーライター)

えいたさん(フリーライター・編集)

つるたまさん(フリーカメラマン)

羽田さん(会社員、アウトドアメディア.HYAKKEI編集長)

・なかりほ

 

このほか、今回の企画に賛同してくださって、1日4時間勤務もできるという素晴らしい会社タービンインタラクティブさんと、リチャージの社員さんもご一緒してくださいました。

 

■滞在場所について

今回宮古島で滞在するオフィスと、宿泊場所をタービンインタラクティブさんがなんと無償で提供してくださいました!なんと感謝を申し上げてよいのやら…!

 

しかも海が目の前に広がる素敵なオフィス!!


宿泊場所のシェアハウスは男女別。女子寮はみんなが集まれるリビングもあるし、設備もきれいだし、家電製品も最新器具だしで過ごしやすい場所でした。

ちなみにお隣のスイーツ店もとってもおしゃれ。

 

■滞在中の過ごし方について

滞在中の過ごし方は本当に人それぞれって感じでした。

 

私は前半持ってきた仕事の納期に追われて、仕事ときどき旅状態だったし、徹夜して仕事をしている人もいたけれど、観光にいっぱいでかけたり、おいしいグルメ食べたり、のんびりゴロゴロしていたり、本当人それぞれでした。

 

私の過ごし方としては

 

3/21(火)

到着後ちょっとオフィスで仕事してから、宮古牛焼肉の人気店・喜八で焼肉を堪能。

 

3/22(水)

シェアハウスで仕事して、昼間におしゃれなカフェでお昼ご飯食べながらみんなで仕事したり歌ったりして、そのあともカフェ行って仕事して、夜はおでん居酒屋で飲み会。

3/23(木)

ゆっくり起きてシェアハウスで仕事した後、多良間牛を使った人気のバーガー屋さんでお昼を食べて、オフィスで仕事してから、近くのビーチを散歩したりスイーツ食べて、宮古そば食べて、またみんなと居酒屋で飲みながら語り合う。


3/24(金)

この日はのっちさんの取材について行って、栄真丸さんの五目釣りというものを体験。船に乗って眺める青い海はまた格別でした。

夜はタービンとリチャージの人も含め懇親会がありました。

3/25(土)

最終日は親切なタービンのジュンさんが、私たちを砂山ビーチや素敵な島カフェのヤッカヤッカに連れて行ってくださいました!ありがとうございます!

砂山ビーチのフォトスポット! #旅ときどき仕事 #砂山ビーチ #砂山ビーチ

nakarihoさん(@nakariho)がシェアした投稿 –

小道を抜けた先に広がる青い海とビーチ #砂山ビーチ #宮古島 #旅ときどき仕事

nakarihoさん(@nakariho)がシェアした投稿 –

■旅をしながら仕事をして、人とゆるく繋がれることのしあわせ

 

私はさびしがり屋の一人好き、気分屋、一応薬も飲んでいる躁鬱人間という結構な共同生活苦手人間。

 

だから今回の共同生活も心配だったけれど、この企画に参加した方々は自主性がありマイペースだけれども、繋がりたいときはつながって一人になりたいときは一人になってもいいよ、って感じのスタンス。とても心地よい距離感だった。

 

一人部屋で仕事をしていても、生活音がして、みんなの楽しそうな話声がして、それが心地よいし、安心できた。

 

そして、それぞれ頑張っていることや夢があって、それを応援したり協力し合ったり、新たな企画が生まれたり…そんな場が自然と出来上がるってなんて素敵なことなんだと思った。

 

企画は個人の行動が強制されることはほぼなく、自分たちで楽しくしていこう!っていうスタンス。

 

逆に言うともてなされるのを待っているような、旅行のツアーとは違う。お金を払って参加するイベントとも違うから、そこははき違えない方がいいかな、と思う。

 

■旅をしながら仕事をしたい人たちへ

 

「旅をしながら仕事をする」って自分でも難しそうだなと思っていた。でも一歩踏み出せば、見ることのできなかった景色が一瞬で広がる。

少しでも興味があったら実践してみた方がいい。既に2回目の「旅、ときどき仕事」inタイのチェンマイが企画されているので興味がある人は参加してほしい。

『旅、ときどき仕事 その2』タイ・チェンマイで一緒に旅×仕事しませんか?(4/24~5/1) | 古性 のっち | note

こんにちは。「旅を仕事に」をテーマにトラベルライターをしている、古性のっちです。ただいま第1回目の「旅、ときどき仕事」の沖縄・宮古島企画を実践中。海は青いし空気は綺麗。オフィスはばっちりオーシャンビューです。お天気も上々。まだ初日だけれど、強く思うことは職種も考え方も違うフリーランスが集まる場所って絶対に大事だな、と。しかもそれが飲み会の場とか、イベントの場面だけとか、そういう一瞬だけではな…

関連記事